美味しいくじらの刺身を選ぶポイント!選び方からおすすめの食べ方まで。

くじら好きという方たちの中でも特に人気が高いくじらの刺身。この記事では通販やスーパーで美味しいくじらの刺身の選び方や食べ方について解説します。くじらの刺身の選び方やおすすめの刺身の食べ方など気になる方は必見の内容です。


美味しいくじらの刺身を選ぶポイントを紹介

美味しいくじらの刺身を選ぶ際には低温熟成の赤肉を選ぶ、赤肉は赤黒いものを選択する、解凍時に栄養素を逃さない工夫がされているものを選ぶという3つのポイントがあります。それぞれについて詳しくみていきましょう。


美味しいくじらの刺身の選び方①:低温熟成の赤肉を選ぶ

くじらの刺身と言えば、赤肉をタレにつけて食べる方法を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そんなくじらの赤肉ですが、実は様々な種類があり、刺身として楽しむのに適しているものとそうでないものがあります。

くじらの刺身を楽しために最適な肉は低温熟成された赤肉です。低温熟成肉とは一定期間低温で保存した肉のこと。肉の質感や味が変化するとされており、牛肉などでも低温熟成されたものは人気です。理由は大きく2つ

理由1:くじらを刺身の旨味を味わえる

低温熟成されたくじらの赤肉は口の中に旨みが広がり、他の赤肉とは全く異なる味わいとなっています。くじらの刺身を美味しく楽しみたいという方は低温熟成の赤肉を選ぶようにしましょう。

低温熟成された赤肉以外では、通常の冷凍赤肉もありますが、こちらは用途によって使い分けるのがおすすめです。

理由2:解凍時にくじらの栄養が逃げない

冷凍されたくじらの赤肉は解凍する際に鉄分などを多く含む栄養分などを閉じ込める細胞が破壊され、細胞の中の栄養素が水分とともに大量に溶け出します。この栄養分が含まれた水分をドリップと呼び、解凍時にドリップの流出を防ぐ工夫がされていることが重要です。ドリップの流出を防ぐ工夫として低温熟成が有効なのです。

 

PR:当店の赤肉低温熟成商品ご紹介

鯨刺身 低温熟成

美味しいくじらの刺身の選び方②:くじらの刺身の赤肉は赤黒いものを選択 する(※冷凍ミンク鯨の場合)

くじらの刺身はヘルシーな食品としても有名です。くじらは海中で体温を一定に保つために、体の周囲が脂肪で覆われていますが、その分筋肉に脂肪の含有量が低い点が特徴。

低タンパク・低脂肪な上に高カロリーな食材であり、抗疲労作用のあるバレニンや肌の潤いを保つコラーゲン、エネルギーを作り出す鉄分が含まれています。

また、上記の栄養素以外にもくじらの筋肉には長時間海中にもぐるために酸素を保つヘモグロビンが豊富です。表面が赤黒くなっているくじらの肉はヘモグロビンが豊富なことを意味しており、これは新鮮なくじらの証です。

新鮮なくじらの刺身を楽しむためにも、赤身の色も注意して見るようにしましょう。いっぽうでイワシクジラの尾肉等は明るい色のほうが美味しいということもあります。鯨の種類や部位によっても見極め方は少し変わります。


くじらの刺身用赤肉おすすめの食べ方を紹介

赤肉くじらの刺身はタレにつけて夕食のおかずやお酒のおつまみとして楽しむ方が多いと思います。

ゴマダレやコチュジャンなどのタレもありますが、最もおすすめしたいのが「にんにく生姜醤油にくじらの刺身をつけて楽しむ」方法です。にんにく生姜醤油の作り方は簡単で、スライスしたニンニクにすりおろした生姜を混ぜて醤油をかけるだけで完成。

非常にシンプルなタレですが、くじらの刺身の赤肉と醤油との相性が抜群で、にんにく生姜がいいアクセントになっています。くじらの刺身の食べ方を迷っているという方は是非にんにく生姜醤油をお試し下さい。

また、細ぎりにしたくじらの刺身をご飯と一緒に食べたいと考えてる方はユッケ丼もおすすめ。ご飯とくじらの刺身の上に卵やシソの葉、きざみのりを乗せるだけとなっており、こちらも手軽に美味しく、くじらの刺身を楽しむことができます。

鯨赤肉低温熟成のユッケ

 


刺身に適した赤肉を選んで、くじらの刺身を存分に楽しもう

この記事ではくじらの刺身に適した赤肉の選び方やおすすめのくじらの刺身の食べ方について解説しました。

くじらの刺身に適しているのは低温熟成された赤肉です。刺身の色としては赤黒いものを選び、解凍時に旨みが逃げないようにされているのかも合わせて確認するようにしましょう。

また、赤肉くじらの刺身のおすすめの食べ方はにんにく生姜醤油につけて食べる方法です。にんにく生姜醤油は自宅で簡単に作れるため、こちらも是非お試し下さい。

この記事がくじらの刺身の選び方や美味しい食べ方が気になるという方の参考になれば幸いです。