くじらの味を部位ごとに徹底解説!美味しいくじら肉の見分け方も紹介

くじら肉の各部位と味を解説

普段の生活で口にする機会が少ないくじらの肉。そんなくじら肉がどんな味なのか気になる方はたくさんいらっしゃいますよね。くじらは牛や豚などと同じく、部位によって味が異なるという特徴があります。

そこでここではくじらの味を部位ごとに紹介。食べられるくじらの部位について知りたいという方や部位ごとの味を知りたいという方は必見の内容です。

くじらの味:赤肉

くじらの中で人気が最も高く、刺身や竜田揚げなど様々な料理に活用することができる赤肉。赤肉は背中からお腹にかけての部位となっており、くじら肉の中でも最も量が多くなっています。

そんなくじらの赤肉は食べやすく、刺身は馬肉やマグロのトロに近い味となっているのが特徴。クセがないため、くじらの肉を食べたことがないという方も食べやすいので、始めてくじらを食べるという方は赤肉がおすすめです。

PR:当店のくじら赤肉

くじら赤肉

くじらの味:さえずり

さえずりとはくじらの舌の部位のことです。牛タン以上に旨味があるとも言われており、くじら好きから人気の高い一品となっています。

さえずりは噛み切りやすく、とろとろの濃厚な味わいを楽しめるのが特徴。ポン酢などの調味料をつけてそのまま食べることもできますし、おでんの具として活用することも可能です。とろとろの食感をお好みの方法でお楽しみ下さい。

PR:当店のくじらさえずり

くじらさえずり

くじらの味:畝須

畝須はくじらの下顎から腹部にかけて入っている縦に入っている部位のことです。畝須は黒皮がついた白色の油の部位と赤肉の部位に分れており、2つの食感を楽しむことができます。

畝須は脂の部分は淡白な味となっており、赤肉の部分もさっぱりした味わいとなっているのが特徴。畝須はベーコンにして、オリジナル調味液で味付けをしているお店も多数あります。くじらならではの部位である畝須を通販などで楽しんでみてはいかがでしょうか?

PR:当店のくじら畝須・畝須ベーコン紹介

畝須ベーコン

くじらの味:鹿の子

くじらの鹿の子はくじらの中でも高級とされている部位です。鹿の子は下顎周りの霜降り肉のこと。

すきやきやしゃぶしゃぶに使われることも多く、少し固めの食感。噛めば噛むほどタンパク質の良い脂肪分があふれてきます。牛肉など他の高級肉を楽しむ感覚で鹿の子は楽しむことが可能です。

くじらの味:本皮

くじらの本体を覆う本皮は皮下脂肪にあたります。薄くスライスして食べることが多く、トロりとした甘みが味の特徴です。ブヨブヨの食感にハマる人が多く、しゃぶしゃぶにしたり、ポン酢につけて楽しむ人が多くなっています。

PR:当店のくじら本皮

本皮くじら

くじらの味:おばいけ

酢味噌につけて楽しむ方が多く、お酒のおつまみとしても人気のおばいけ。ゼラチン質を多く含んでおり、コリコリとした食感となっているのが特徴です。おばいけ自体にはそこまで味がなく、食感を楽しむのが中心。くじらの尾びれの部位となっており、地域によっておば、おばけなど様々な呼び方があります。

PR:当店のくじらおばいけ

おばいけ

くじらの味:尾肉

尾肉はくじらの部位の中でも最高級部位となっている脂ののった霜降り状の肉です。味はとても上品で大トロに近い味わい。高級な肉と同様にサシが入っており、色が鮮やかなものほど新鮮である証拠です。尾肉をこれから楽しみたいという方は刺身で楽しむことをおすすめします。

くじらの味:百尋

百尋はくじらの小腸の部位となっており、珍味とも言われています。福岡県など九州地方で食べられることが多く、からし醤油などで楽しむのがおすすめ。珍味が好きという方は是非一度百尋を味わってみて下さい。

PR:当店のくじら百尋

百尋

美味しい味のくじら肉の見分け方を紹介

これまではくじらの各部位の味を中心に紹介してきましたが、ここからは美味しいくじら肉の選び方を紹介していきます。

くじらの種類によって味が変わったり、好みの加工食品を選択するという点はくじら選びにおいて重要なポイントとなるため、是非内容を確認するようにしましょう。

くじらの種類を見極める

美味しいくじらの種類を見極める上で最も意識してほしいポイントはくじらの種類を見極めることです。

くじらの種類は全部で80種類を超えるとされており、その中でもヒゲクジラ類とハクジラ類という2種類に分かれます。この2種類のうち食用として皆様が楽しむことが多いのはヒゲクジラ類。

ハクジラ類はマッコウクジラやツチクジラなどの種類がいますが、味のくせが強く、加工品として使われることが多くなっています。和歌山県の一部の地域などではハクジラ類を食べるところもありますが、皆様がご家庭などでくじらを楽しむ場合はヒゲクジラ類の肉を選ぶようにしましょう。

ヒゲクジラ類はハクジラ類とは異なり、味のくせがなく、刺身は馬肉の食感に似ているということで人気です。ヒゲクジラ類の中では、特にミンククジラとイワシクジラが日本人の舌に合うとされており、市販のくじらを購入する際にはこの2種類のどちらを選択するのがおすすめ。この2種類は肉の繊維が細かい上に、低カロリーでヘルシーなため、刺身として食べるのに向いており、多くの方から親しまれています。

くじらの肉選びに失敗したくないという方はくじらの種類を確認するようにしましょう。

好みのくじら肉の加工食品を選択する

美味しい味のくじら肉を見分ける際の2つ目のポイントは好みのくじら肉の加工食品を選択することです。

くじらを刺身で楽しむという方は多いと思いますが、実は様々な加工食品があります。サクサクの食感とくじら肉からしみでる旨味が特徴のくじらのメンチカツや竜田揚げ、甘辛いタレがたっぷりしみこんでいるくじら大和煮や畝須を加工した食品である畝須ベーコンなど人気な加工食品を挙げ出したらキリがありません。

美味しいくじらを楽しみたいと考えている方はまずはあなたのお好みのくじら料理を食べてみて、他の商品が気になったらその料理に挑戦してみるという方法であれば、くじら肉を楽しむ際に失敗する可能性は低くなるはず。是非、お好みのくじら肉の加工食品を調べてみて下さい。

くじらの味を知って好みの部位を存分に楽しもう

この記事ではくじらのそれぞれの部位の味や美味しいくじら肉の選び方について解説してきました。くじらには様々な部位があり、部位によって異なる味を楽しめるという点が魅力となっています。

また、くじらの種類や加工食品によって味が大きく異なるため、事前にどのようなくじら料理を楽しみたいか考えておくといいかもしれませんね。

この記事がくじらの味について気になっている方の参考になれば幸いです。