商品カテゴリ: くじら大和煮

2個の商品

くじら大和煮(缶詰)

誰にも懐かしい甘辛味付け

くじら赤肉を甘辛く味付けしました。ご飯のおかずはもちろん、お通しやお酒のおつまみにもぴったりです。しっかりとした濃厚な味わいとくじら肉の食べごたえを是非お楽しみください。

くじら大和煮盛り付け
鯨大和煮缶詰

昔から愛される「大和煮の缶詰」という食べ方

大和煮は明治時代に鶏肉を使用して発祥した料理との説もあります。その後、牛肉を使用した缶詰も発売され、大日本帝国陸軍では牛缶として携帯食料に採用され、将兵には人気のメニューでした。現在の陸上自衛隊でも戦闘糧食として採用されています。
大和煮は味付けの濃い調理法であり、クセの強い肉でも美味しく食べる事ができました。
商業捕鯨が盛んであった頃、鯨肉を使用した大和煮も大衆に愛されました。

くじら大和煮の楽しみ方

しっかりした食感と濃厚な味わいをお楽しみいただけます。おつまみとして最高です。
刻みしょうがを添えると、一層美味しく召し上がれます。ご飯の上に乗せるとこれも相性抜群です。豆腐と合わせて、肉豆腐としてもおいしく仕上がります。グラタンに入れて食べると、チーズとの相性の良さが引き立ち、これもおいしく召し上がれます。ミートソースの中に入れてコクを出すという話もあります。この際は肉を少しほぐした方がよいです。

鯨大和煮アップ
鯨大和煮

下関のお土産としても活躍する「くじら大和煮 缶詰」

下関を訪れる観光客のお土産、お酒の肴として根強い人気に支えられています。お手軽感も好評です。缶詰タイプのため賞味期限も長い(製造日より3年)のが特徴です。一度召し上がった方からのリピートも多く、当社人気商品の一つです。

当社の販売するくじら大和煮について

当店で販売するくじら大和煮商品は ミンク鯨(南氷洋、日本近海)赤肉部分を使用します。筋の多い部分も使用するので、コラーゲンがたっぷり含まれています。捕獲数も捕獲枠により制限されています。商業捕鯨再開以後は母船1隻、独航船3隻からなる船団が下関市を根拠地として数か月操業を行う【母船式捕鯨業】と北海道釧路市、青森県八戸市等を根拠地とし、根拠地周辺海域で日帰り操業を行う【沿岸捕鯨業】の2種の捕獲方法があります。当社では厳選した原料を仕入れ、自社工場にて衛生的に加工(原料の鯨肉を解凍、適度な大きさにカット。カットした鯨肉をボイル、洗浄し、味付け後、缶に詰める。)しております。

  • 鯨大和煮缶詰
    通常価格
    ¥500
    販売価格
    ¥500
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 「鯨大和煮缶」&「ふく缶焼きほぐし」2缶セット【送料一律520円】
    通常価格
    ¥1,000
    販売価格
    ¥1,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ